在宅ワークで副収入TOPページへ

ステップB
最強の投資法について考える

すべてのギャンブルに有効な攻略法

さあいよいよ攻略法について考えていきます。まず最初は数学的観念から見た投資金の設定方法・・・・・・つまり毎回どれだけの金額を賭けていくのがいいいのか』『負けた後次にはいくら賭けると科学的に効率がいいのか』などについて考えていきましょう!この考え方は実はもうすでに多くのギャンブラーなどによって科学的に研究され本場ラスベガスやモナコのカジノなどで実際に使用されたりしているものです。これらは『ビデオポーカークラシック』の中のほとんどのギャンブルに使えるものですしまたその他のギャンブル・・・競馬や競輪、競艇といったものにでも使用できる賭け方ですので少しややこしいですがまずはこの投資法を絶対に物にしましょう!

これらの投資法をいきなり実践で試すのではなくまずは無料プレイで練習することをお勧めます。またこのページではドルバージョンについて説明していますが、円バージョンの方は円に置き換えて考えてみてください。

その投資法とは
投資法の名前 どのゲームに使用するか
マーチンゲール法

■確率1/2配当が2倍以上のギャンブル
ルーレットの偶数奇数や赤黒、バカラ、ブラックジャック(ブラックジャックはステップCブラックジャック攻略法により勝率が1/2以上になります。)

グラン・マーチンゲール法

■確率1/2配当が2倍以上のギャンブル
ルーレットの偶数奇数や赤黒、バカラ、ブラックジャックなど

逆マーチンゲール法 ■すべてのギャンブルに使えますが確率は高い方が儲かる確率も高いでしょう。
ピラミッド法

■確率1/2配当が2倍以上のギャンブル
ルーレットの偶数奇数や赤黒、バカラ、ブラックジャックなど オススメです。

ココモ法 ■確率1/3もしくは配当が3倍以上のすべてのギャンブル
できれば配当が4倍までのギャンブルが望ましい
モンテカルロ法 ■確率1/3もしくは配当が3倍以上のすべてのギャンブルオススメです。
できれば配当が4倍までのギャンブルが望ましい

なおこれらの投資法は確実性を考えて作られたものであり、配当5倍以上になるとギャンブル性が強くなり効果は薄くなる。5倍以上のギャンブルにチャレンジする場合は一攫千金を狙う場合、もしくは利益に余裕がある場合に挑戦するのがいいのではないでしょうか。

マーチンゲール法について考える

この賭け方は考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

賭け方はいたって簡単です。前回の掛け金の倍の額を次の賭け金に設定し勝つまで賭け金を倍にしていく方法です。勝った場合は最初の賭け金に戻ります。ルーレットの偶数奇数や赤黒、バカラなど、当たりの確率が1/2で配当が2倍以上となるゲームに適しています。またブラックジャックにも使えるでしょう。

■具体的な方法
最初の賭け金を1ドル(いくらでもいいのですが最初は1ドルか2ドルがいいでしょう。)とすると、的中しなかった場合、次は賭け金を2倍の2ドルにします。勝った場合はまた1ドルです。 2ドルで的中しなかった場合、次の賭け金は、2の2倍の4ドルになります。
以後の賭け金の設定も、同様に前回の2倍ずつ的中するまで増額していきます。 そうすることで何連敗しても勝ったときにはたえず1ドル儲かることになるのです。そうして1ドルずつ利益を増やしていくのです。(最初の賭け金を2ドルにすると2ドルずつ利益は増えます)

確率1/2のゲームで配当が2倍のギャンブルを手持ち資金100ドル持ってチャレンジする場合

回数
賭け金
(1ドルから始めるとします。)
勝敗
手持ち資金
各行の説明
1
1ドル
負け
99ドル
最初1ドル賭けて勝負に負けました。手持ち資金は当然1ドル減り次は2ドル賭けます
2
2ドル
負け
97ドル
また負けました。次は2×2で4ドル賭けます
3
4ドル
負け
93ドル
負けたので次は8ドル賭けます
4
8ドル
勝ち
101ドル
3連敗したあと勝ちました。8ドル賭けていたので8ドルもらえるためここで1ドル利益がでます
5
1ドル
勝ち
102ドル
次はまた1ドルで賭け始めます。勝負に勝ちました。賭け金1ドルで勝った場合次の賭け金はまた1ドルです。
6
1ドル
負け
101ドル
 
7
2ドル
負け
99ドル
 
8
4ドル
負け
95ドル
 
9
8ドル
負け
87ドル
 
10
16ドル
負け
71ドル
 
11
32ドル
勝ち
103ドル
5連敗のあと勝ちました。6回目のマーチンゲール法を始める時点で持っていた102ドル+1ドルの103ドルに資金がなります。
12
1ドル

?

?
また1ドルから賭け始めます。

■注意点と考え方
この方法は
当たる確率は1/2なので10連敗する確率は1/1024になり11連敗する確率は1/2048になり、2回に1回は勝てるはずだしそんなに連敗はしないだろうという考えに基づいて作られています。
しかしながらこの賭け方は負けっぱなしだとどんどん2倍ずつ賭け金が増えていきます。例えば10連敗すると賭け金が512ドルにもなってしまいます。たまたま運が悪く何連敗もして手持ち資金がたりなくなる。それが一番最悪なパターンです。さらにこの方法を資金に底がない大金持ちが使った場合100%儲かってしまうため『ビデオポーカークラシック』はもちろんラスベガスなどの本場のカジノでも賭け金の上限(例えば1000ドルまでしか賭けれない)を定めることによって対処されています。

■ではこの方法をどう活用していくのがいいのか
とはいっても2回に1回は勝てる確率なのですから、そうそう10連敗とかすることは少ないのが現実です。私の経験上配当2倍のギャンブルに挑戦する場合、下記に紹介しているピラミッド法で手持ち資金を安定させ様子をみながら『今日のプログラムは勝てる』『流れがいい』と感じた場合に活用するのがいいでしょう!プログラムの設定及び流れについてはステップDを参考にしてください。)
またマーチンゲール法を使う場合少しずつ利益を増やしながら、あるところまで連敗してしまったら手持ち資金の程度に応じて、初期投資額に戻し少しずつ元を取りなおすこと、またピラミッド法に戻したりすることも絶対に忘れないでください。

グラン・マーチンゲール法について考える

この賭け方はマーチンゲール法の応用でよく似ています。マーチンゲール法では負けた後賭け金を2倍にしましたがそれを2倍プラス1にすることでより積極的に儲けにいく方法です。

■具体的な方法
最初の賭け金を1ドル(いくらでもいいのですが最初は1ドルか2ドルがいいでしょう。)とすると、的中しなかった場合、次は賭け金を2倍の2ドルプラス1ドルの3ドルにします。勝った場合はまた1ドルです。 3ドルで的中しなかった場合、次の賭け金は、3の2倍プラス1の7ドルになります。
以後の賭け金の設定も、同様に前回の2倍プラス1で的中するまで増額していきます。 そうすることで勝ったときには増やしていった回数分のドルが増えていくのです。わかりにくいと思うので表で説明します。

確率1/2のゲームで配当が2倍のギャンブルを手持ち資金100ドル持ってチャレンジする場合

回数
賭け金
(1ドルから始めるとします。)
勝敗
手持ち資金
各行の説明
1
1ドル
負け
99ドル
最初1ドル賭けて勝負に負けました。手持ち資金は当然1ドル減り次は2倍プラス1ドルの3ドル賭けます。
2
3ドル
負け
96ドル
また負けました。次は3×2+1で7ドル賭けます。
3
7ドル
負け
89ドル
負けたので次は15ドル賭けます。
4
15ドル
勝ち
104ドル
3連敗したあと勝ちました。15ドル賭けていたので15ドルもらえるため手持ち資金は104ドルになりここで4ドル利益がでます。グラン・マーチンゲール法を始めて4回目での勝利です。このように勝った時には必ず回数分の利益がでます
5
1ドル
勝ち
105ドル
次はまた1ドルで賭け始めます。そして勝てば1回目なので1ドル利益がでます。
6
1ドル
負け
104ドル
 
7
3ドル
負け
101ドル
 
8
7ドル
負け
94ドル
 
9
15ドル
負け
79ドル
 
10
31ドル
負け
48ドル
 
11
63ドル
勝ち
111ドル
5連敗のあと勝ちました。グラン・マーチンゲール法を始めてから6回目なのでグラン・マーチンゲール法を始める時点で持っていた105ドル+6ドルの111ドルに資金がなります。
12
1ドル

?

?
また1ドルから賭け始めます。

■注意点と考え方
この表のようにグラン・マーチンゲール法マーチンゲール法に比べたしかに勝った時の利益は大きいのですが賭け金の増え方もかなり大きくなるのでもし連敗した時の損もかなり大きくなります。10連敗すると賭け金は1024ドルとマーチンゲール法の2倍となってしまいます。

■ではこの方法をどう活用していくのがいいのか
より確実に勝つためにはあまりこの投資法は使わないほうがいいでしょう。大金持ちの手法です。使う場合には連続して使うのではなく他の投資法の合間に’ふとそれほど連敗はしないと勘がひらめいた場合にのみ’使いましょう!

逆マーチンゲール法について考える

この方法は逆マーチンゲール法と難しい名前がついていますが簡単にいうと一攫千金狙いの投資法です。単純に勝った金額をそのまま次の賭け金にあてるというものです。

■具体的な方法
最初例えば1ドル賭けて勝てば2ドルになりますから次の賭け金にそのまま2ドルを賭け4ドルになるので次は4ドルを賭けてそのまま目標金額まで賭け続けるというものです。

確率1/2のゲームで配当が2倍のギャンブルを手持ち資金100ドル持ってチャレンジする場合

回数
賭け金
(1ドルから始めるとします。)
勝敗
手持ち資金
各行の説明
1
1ドル
勝ち
101ドル
最初1ドル賭けて勝負に勝ちました。手持ち資金は当然1ドル増え101ドルになりますがどうせ1ドルは負けてもいいやという気持ちで次は2ドル賭けます。
2
2ドル
勝ち
103ドル
また勝ちました。勝ったので次は4ドル賭けます。
3
4ドル
勝ち
107ドル
もし次負けても損はどうせ1ドルなのでという気持ちで次は8ドル賭けます。
4
8ドル
勝ち
115ドル
また勝ちました。この時点で最初よりは15ドル勝っていますが次負けてもどうせ1ドルの負けだという気持ちで次は16ドル賭けます。
5
16ドル
勝ち
131ドル
勝って資金が131ドルになりました。
6
1ドル
ここで32ドル賭けて負けた場合でも最初から考えると1ドルの損なのですが利益の31ドルがおしくなり賭け金を1ドルに戻しました。もちろんこの調子で賭け続けることもできます。

■注意点と考え方
この方法は勝率は1/2でも負け続ける時は何連敗もするので何連勝も勝ちが続く時もあるだろうという考えに基づいた投資法です。

■ではこの方法をどう活用していくのがいいのか
確実に儲けを増やし副収入を得るという考えの人はあまり使わないほうがいいでしょう。使う場合はかなり利益が出ていて運もついている。負けてもいいや1発勝負という時もしくは何連勝もしそうな予感がある場合にのみ使うのがいいでしょう。またギャンブルである以上いつかは必ず負けるのである程度連勝したら熱くならず潔く賭け金を元に戻すことも大事です!

なお余談ですがこれを書いている時にふと以前ニュースである人が競馬においてこの賭け方で最初数万円から始め4連勝かなんかで数千万いや何億だったかな、勝った人がいたのを思い出しました。うらやましいですねえ。ほんとにすごい。在宅ワークで副収入に来てくださった人でオンラインカジノで何千万と勝つ人が本当に出てほしいです!お互い夢見てがんばりましょう!でも実際世の中にはビデオポーカークラシックで何千万以上勝つ人が毎日何人も出ているのですからもしかすると。。。なお1万円からこの賭け方を始めた場合配当2倍で運良く10連勝した場合利益は1千万を超えちゃいます。でもなぜか勝率1/2でも10連敗はしそうだけど10連勝はしない気がするので不思議ですよねえ。3倍配当だと6連勝で7百万以上7連勝で2千万以上です、4倍配当だと5連勝で1千万以上。。。。なぜか夢だけは膨らむ投資法です。

話を戻しますがやはり最初からこの投資法は使うべきではないでしょう。コツコツと儲けその利益の中からたまにこの賭け金は捨ててもいいやと夢見て試してみる。これがやはりベストでしょう。なお確率が1/2以下例えば1/3,1/4の場合でももちろんこの投資法は使えますがその場合連勝する確率はどんどん低くなるので注意です。

ピラミッド法

これはかなり安定した投資法でかなりオススメです。私がブラックジャックやルーレットなど配当2倍のギャンブルで勝負する時は必ずこの投資法を中心にしています。

■具体的な方法
負けた場合には賭け金を1増やし、勝った場合には賭け金を1減らします。

確率1/2のゲームで配当が2倍のギャンブルを手持ち資金100ドル持ってチャレンジする場合

回数
賭け金
(1ドルから始めるとします。)
勝敗
手持ち資金
各行の説明
1
1ドル
負け
99ドル
最初1ドル賭けて勝負に負けました。手持ち資金は当然1ドル減り次は2ドル賭けます
2
2ドル
負け
97ドル
また負けました。次は+1で3ドル賭けます
3
3ドル
負け
94ドル
負けたので次は4ドル賭けます
4
4ドル
勝ち
98ドル
3連敗したあと勝ちました。4ドル賭けていたので4ドルもらえるため手持ち資金は98ドルになります。勝ったので次の賭け金は−1で3ドル賭けます
5
3ドル
勝ち
101ドル
勝ちました。3ドルもらえるので手持ち資金は101ドルになります。次の賭け金は-1です
6
2ドル
勝ち
103ドル
勝ったので手持ち資金は103ドルになり次の賭け金は-1です
7
1ドル
負け
102ドル
負けたので+1です。
8
2ドル
勝ち
104ドル
勝ったので-1です。
9
1ドル
勝ち
105ドル
1ドルの時に勝っても次の賭け金は1ドルのままです。(最初の賭け金を2とする場合は2の時に勝っても2とします。)
10
1ドル
負け
104ドル
負けたら賭け金+1です
11
2ドル
負け
102ドル
 
3ドル
 

■注意点と考え方
この方法は勝率は1/2なのである程度勝ちも負けも連続するだろうがだいたいは確率は1/2に収束していくだろうという考えの元つくられた投資法です。
上の全11回の勝敗を見てください。11戦して5勝6敗です。負け越しています。しかし手持ち資金は2ドル増え儲かっています。
たしかにこの投資法だと勝ったとき賭け金を1減らすので大勝ちは望めないかもしれません。また連敗が続いた時に一回の勝ちで一気に取り戻すということはできません。しかし連敗が続いたあとは必ずいつかは連勝するのです。そして勝率1/2の勝負は長い目で見ると数学的にも最終的には1/2の確率に必ず近づいていきます。確実に儲けを増やしたい方にはオススメの投資法です。私は安定した利益がほしいのでもちろんこれを中心につかっています。

■ではこの方法をどう活用していくのがいいのか
確率が1/2のギャンブルの場合にはこのピラミッド法を中心としながら勝つ流れを見極め、勝てるチャンスを感じたら投資法を一時くずし少し多めに賭けたり、マーチンゲール法グラン・マーチンゲール法で大勝ちを狙う、そして余裕があれば逆マーチンゲール法で楽しんでみる。などがオーソドックスな投資法ではないでしょうか。また確実に勝っていくにはこのピラミッド法で根気よく時間をかけて勝っていくのもいいでしょう!

モンテカルロ法について考える
この投資法は実際にこれを使ったギャンブラーがモナコ公国モンテカルロのカジノを破産させたと言われるためにこう名前がついた攻略法であり、配当3倍以上のギャンブルには大いに力を発揮します!ヨーロッパでは広く知られていますが、じっくり構えてプレイをするならば、確実に利益をもたらしてくれるでしょう。
一般的に言われているのは、配当が4倍程度までであれば楽勝といわれていますが、確実に勝つためには3倍配当を狙うほうがいいでしょう。

この投資法は少し難しいですが、下の説明をよく読み必ず身につけてください。

■具体的な方法

1. まず、数列@ABを考えます。その両端の数字を足した数4が初期投資賭け金となります。初期投資金額を上げたい場合は数列を例えばABC(この場合6ドル)、CDE(この場合10ドル)にしてももちろんかまいません。とにかく3つの連続した数列を考えてください。@ABが最小なので最小投資金額は4ドルとなります。

2.勝負に負けた場合は数列を1つ増やします。例)@ABで負けた場合、数列は@ABCとなり次の賭け金は数列の両端の数を足した5ドルが賭け金となります。またつぎも負けた場合は、更に数列を1つ増やし@ABCDとなり賭け金は@+D=6ドルとなります。このように、たえず負けた場合は数列の数字を1つ増やし賭け金はその両端の数字を足したものになります。

3.勝負に勝った場合は数列の両端から2つずつ数字を取りその両端の数字を足したものが賭け金となります。例)@ABCDEFの数列の時に勝負に勝った場合数列の両端から2つずつ数字を取るので数列はBCDになります。そして次の勝負の賭け金は両端の数字をたした数字8ドルになります。

4. 数列がBCDの時に負けた場合はもちろん数字が1つ増えBCDEとなり賭け金は9ドルです。

仮にBCDEの時点で勝った場合2つずつ数字をとるとなくなってしまいますね。この場合は最初の数列@ABにもどります。
数列@ABCDの時点で勝った場合数列はBになりますよね。この場合も数字を足すことができませんので@ABにもどります。

 

配当が3倍のギャンブルを初期数列@ABで手持ち資金100ドル持ってチャレンジする場合

回数
数列
賭け金
(1ドルから始めるとします。)
勝敗
手持ち資金
各行の説明
1
@AB
4ドル
負け
96ドル
まず最初@ABの数列を考え両端の数を足した4が最初の賭け金となる。つまり最低賭け金は4ドルとなる。ABCとして最初の賭け金を6ドルとしてももちろんよい。数列をあげるほど初期投資金額があがる。勝負に負けたので手持ち資金は96ドルとなり数列の数字が1つ増え両端の数をたした5ドルが次の賭け金となる。
2
@ABC
5ドル
負け
91ドル
負けました。数列が1つ増えます。
3
@ABCD
6ドル
負け
85ドル
負けました。数列が1つ増えます。
4
@ABCDE
7ドル
負け
78ドル
負けました。数列が1つ増えます。
5
@ABCDEF
8ドル
勝ち
94ドル
8ドル賭けで勝ち配当が3倍なので手持ち資金は94ドルとなります。勝負に勝った場合は数列の両端から2つずつ数字をとるので数列はBCDとなり次の賭け金は3プラス5で8ドルになります。
6
BCD
8ドル
負け
86ドル
負けました。数列が1つ増えます。
7
BCDE
9ドル
負け
77ドル
 
8
BCDEF
10ドル
負け
67ドル
 
9
BCDEFG
11ドル
勝ち
89ドル
勝ったので数字を両端から2つずつ取ります。2つしか数字はありませんが次の賭け金はこの2つの数字を足した11ドルとなります。
10
DE
11ドル
勝ち
111ドル
勝ったのですが数列からもう数字を取ることはできません。この場合は一番最初の@ABに数列がもどります。また数字が1つだけになり足すことができなくなった場合も@ABに戻ります。最初の数列がABCだった場合はもちろんABCに戻ります。
11
@AB
4ドル
負け
107ドル
 
12
@ABC
5ドル

?

?
 

■注意点と考え方
特に注意点はありません。これを考えた人がすごいというしかありません。

■ではこの方法をどう活用していくのがいいのか
配当が3〜4倍のギャンブルに挑戦する場合は間違いなくモンテカルロ法で始めた方がいいでしょう。 ココモ法マーチンゲール法に比べ勝ったときに一気に利益を取り戻すことは出来ませんが、数学的観念からして効率が最も良いためです。つまりたえずこのモンテカルロ法で始めその日のカジノのプログラムが勝ちやすいと判断した場合ココモ法で積極的に勝ちにいくのが戦略としてベストでしょう。また次は勝てると思った場合一時モンテカルロ法を崩し高い賭け金で勝負し勝った場合はココモ法逆マーチンゲール法で夢を見る、負けた場合はコツコツモンテカルロ法で稼ぐという戦略も考えられます。もちろんずっとモンテカルロ法でもいいでしょう。どちらにしろ配当3〜4倍のギャンブルの場合中心がモンテカルロ法になることは確かでしょう!

ココモ法について考える

この投資法は確率が1/3のギャンブルもしくは配当が3倍以上のすべてのギャンブルに有効です。
この投資法は、数学的にも証明されており、ヨーロッパを中心として広く知られている投資方法です。賭け金の設定方法は、前回の賭け金と前々回の賭け金の合計を今回の賭け金とします。

■具体的な方法

賭け金は、初回を1ドルとすると、的中しなければ、2回目も1ドル、3回目からは、前回と前々回の賭け金の和1ドル+1ドル=2ドル、4回目は、1ドル+2ドル=3ドルというように、的中するまでこのやり方で賭け金を設定していきます。
つまり、初回を1とすれば、2回目も1、3回目は初回投資額の2倍、4回目は初回投資額の3倍・・・・・ってな感じです。的中したら、必ず初回投資金額(1ドル)から再びスタートです。少しややこしいので表で見ていきましょう!

配当が3倍のギャンブルを初回投資金額1ドルとして手持ち資金100ドル持ってチャレンジする場合

回数
賭け金
(1ドルから始めるとします。)
勝敗
手持ち資金
各行の説明
1
1ドル
負け
99ドル
最初1ドル賭けて勝負に負けました。手持ち資金は当然1ドル減ります。次も1ドル賭けます。
2
1ドル
負け
98ドル
また負けました。次は前回の賭け金1ドルと前々回の賭け金1ドルを足して2ドル賭けます。
3
2ドル
負け
96ドル
負けたので次は前回の賭け金2ドルと前々回の賭け金1ドルを足して3ドル賭けます。
4
3ドル
負け
93ドル
負けたので次は前回の賭け金3ドルと前々回の賭け金2ドルを足して5ドル賭けます。
5
5ドル
負け
88ドル
負けたので次は前回の賭け金5ドルと前々回の賭け金3ドルを足して8ドル賭けます。
6
8ドル
勝ち
104ドル
やっと勝ちました。配当は3倍なので16ドル儲かり手持ち資金は104ドルとなりこのように勝てばかならず儲けがでます。
7
1ドル
勝ち
106ドル
勝った後はかならず初期投資金額に戻します。この場合1ドルです。また買ったので次も当然1ドルからスタートです。
8
1ドル
負け
105ドル
前回勝ったのでここから新しくまたココモ法のスタートです。つまり次の賭け金も1ドルです。
9
1ドル
負け
104ドル
 
10
2ドル
負け
102ドル
 
11
3ドル
負け
99ドル
 
12
5ドル

?

?
 

■注意点と考え方
3倍以上の配当があった場合に対処するために数学的に考え出された投資法です。マーチンゲール法と同じく当たった場合は必ず儲けがでるようになっています。仮にココモ法で10連敗した場合の賭け金は55ドルですむのですが配当が3倍以上のギャンブルは勝てる確率も1/3以下ですので確率1/2のギャンブルでマーチンゲール法を使う場合よりも連敗する確率は高いということを忘れないようにしましょう!ですのであるところまで連敗してしまったら手持ち資金の程度に応じて、初期投資額に戻し少しずつ元を取りやりなおすほうがいいと思います。

■ではこの方法をどう活用していくのがいいのか
配当が3倍以上のギャンブルをする場合上記のモンテカルロ法でスタートするのがやはり定石です。そしてその日のカジノのプログラムが勝ちやすいと判断した場合このココモ法で積極的に勝ちにいくのが戦略としてベストでしょう。

ステップCへ

さてステップCではゲームの流れ、プログラムの設定について少し考えた後もう一度これらの投資法をどのように使っていくかの戦略をまとめます。さらに私のオススメブラックジャック攻略法についても紹介していきます。

在宅ワークで副収入TOPページへ

 

 

文章・内容の無断転載を禁止いたします。
Copyright(C)2002-2004-All Rights Reserved

 

 

 

link
着うた ・結婚相談所 ・自動翻訳 ・引越し見積もり ・振込手数料無料 ・ネットバンク ・無料ゲームサイト 
道路地図 ・無料着メロ  ・住所検索 ・携帯メル友 ・高収入アルバイト ・出会い系サイト
無料着メロ ・ヤフーオークション ・簡単レシピ ・オンライン辞書 ・電車時刻表
レストランガイド ・オンラインカジノ ・ホームページ作り方 ・着うた ・結婚相談所

Copyright(C)2002-2004在宅ワーク

SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO